「世界初・無機固体中の電子の核生成-核成長による相転移を発見」に関する情報

No1/業界初の商品/サービス/技術を収集・紹介するポータルサイト ACTIITI
都道府県:
市区町村:

全エリアのNo.1/業界初の商品・サービス・技術等の記事の収集・紹介サイト(No1情報限定の記事・ニュースリリースなど)
対象地域:全エリア





チーム・マイナス6%
「チーム・マイナス6%」
活動に参加しています
ログイン 掲載をご希望の方 資料請求 お問い合わせ

世界初・無機固体中の電子の核生成-核成長による相転移を発見

記事掲載確認日:2020年05月17日
No1事項
世界初・無機固体中の電子の核生成   (ACTIITI掲載コンセプトを見る)

DATA

※カテゴリデータ

商品・技術・サービスの概要

2020.05.12
早稲田大学
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部

本発表の詳細は、早稲田大学のホームページをご覧ください。
https://www.waseda.jp/top/news/69195

■発表のポイント
無機固体中の電子によって「柔らかい」2つの相が出現し、相の間の表面張力により核生成-核成長と呼ばれる相転移が起こることを世界で初めて発見した。
・従来の方法では難しかった2つの相の体積比や形状の制御を容易にし、物質の特性向上に資することが期待される。

■概要
早稲田大学理工学術院の勝藤拓郎(かつふじたくろう)教授、東京大学大学院総合文化研究科の上野和紀(うえのかずのり)准教授らの研究グループは、無機固体中の電子が、水蒸気と水のような「柔らかい」2つの相をつくり、相の間の表面張力によって核生成-核成長と呼ばれる相転移を起こすことを世界で初めて発見しました。これまで2つの相の体積比や形状を制御することは難しいとされてきましたが、今回発見された核生成-核成長する「固体中の柔らかい状態」によって、2つの相の体積比や形状を制御することを容易にし、物質の特性向上に資することが期待されます。
本研究成果は、2020年5月11日午前10時(英国時間)に英国科学誌『Nature Communications』のオンライン版で公開されました。

【論文情報】
雑誌名:Nature Communications
論文名:Nucleation and growth of orbital ordering
DOI:https://doi.org/10.1038/s41467-020-16004-2

【研究内容に関するお問い合わせ先】
早稲田大学理工学術院 
教授 勝藤拓郎
E-mail: katsuf@waseda.jp

【発信元】
早稲田大学広報室広報課
E-mail: koho@list.waseda.jp



記者による体験・コメント

記載なし

調査・引用に関して

調査機関又は引用元:(下記参照)
調査又は引用確認日:2020年05月17日
調査に関する備考:
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/202005119773



No.1業界初情報収集ポータルACTIITI(アクティイチ)
運営会社 | 特定商取引法の表記 | 個人情報保護方針 | 利用規約・運営方針   
(C) 2006-2020 株式会社ネットアクティビティ All Rights Reserved(電気通信事業届出番号:A-18-9146).