「日本最大のエコ・ショッピングセンター:イオンレイクタウン」に関する情報

No1/業界初の商品/サービス/技術を収集・紹介するポータルサイト ACTIITI
都道府県:
市区町村:

全エリアのNo.1/業界初の商品・サービス・技術等の記事の収集・紹介サイト(No1情報限定の記事・ニュースリリースなど)
対象地域:全エリア





チーム・マイナス6%
「チーム・マイナス6%」
活動に参加しています
ログイン 掲載をご希望の方 資料請求 お問い合わせ

日本最大のエコ・ショッピングセンター:イオンレイクタウン

記事掲載確認日:2009年03月19日
No1事項
日本最大のエコ・ショッピングセンター   (ACTIITI掲載コンセプトを見る)

DATA

※カテゴリデータ

商品・技術・サービスの概要

mori街区3Fテラスよりkaze街区を撮影

mori街区3Fテラスよりkaze街区を撮影

イオンレイクタウンについて

人と自然に「心地いい」をコンセプトに開発された日本最大のエコ・ショッピングセンター(22万4,000平方メートルの敷地)

※エコについて
・国内商業施設最大(4,000平方メートル)のソーラーパネルを設置。瞬間最大発電量は487kw。
・吸音性、断熱性に優れた壁面緑化パネル苔タイル)を採用。
・国内商業施設で初めて電気自動車と電気バイクの急速充電ステーションを設置。
・ハイブリッドガスエコシステム(発電した電気の一部を利用して、施設内冷房を行うシステム)。
・エコアートの展示・植林活動の実施。



記者による体験・コメント



mori街区3Fテラスより湖と佐世保バーガーを撮影
JR武蔵野線の越谷レイクタウン駅につくと、現時点では人口が多そうでもない駅周辺の景色にもかかわらず、多くのお客様が駅から降りましたので多少驚きました。
イオンレイクタウンの場所で迷わないかと多少心配していた面もあったのですが、駅すぐにイオンレイクタウンの入り口があり、ほとんどの駅を降りた方々と一緒にイオンレイクタウンに入りました。
中に入り、一回りしてみようと思ったところ、本当に広く、長く、大きいショッピングセンターで、なにもせずに端から端まで歩くだけで、片道20分~30分以上くらいかかるかもしれません(計測してみようかと思いましたが、いろいろな店舗への興味から断念しました)、とても1日で全てをチェックするのは無理な規模の施設です。
在籍する店舗は、ファッション・アクセサリ・グッズ・雑貨・レストラン・カフェ・エステ・車・家電・映画・ゲーセン・本屋・家具・スポーツ用品その他、大抵の買い物はできそうです。
私は、雑貨店を周ったり、購入したいと思っている家具を見たり、車を見たり、カフェで食事をしたり、(moriの3Fのテラスで食べましたが、景色が奇麗で自然を満喫できました、このページで使用されている2枚の写真もここで撮りました)アミューズメント施設で遊んだりして、予想していたより多くの時間を満喫させていただきました。
ただ、壁面緑化パネル苔タイル)や急速充電ステーションの写真も撮ってくるべきだったかと多少悔やんでおります。

調査・引用に関して

調査機関又は引用元:(下記URLより)
調査又は引用確認日:2009年03月19日
調査に関する備考:
http://www.aeon-laketown.jp/about/concept.html
※この記事はACTIITI運営者によって掲載登録されました



No.1業界初情報収集ポータルACTIITI(アクティイチ)
運営会社 | 特定商取引法の表記 | 個人情報保護方針 | 利用規約・運営方針   
(C) 2006-2018 株式会社ネットアクティビティ All Rights Reserved(電気通信事業届出番号:A-18-9146).