「実用サイズの多結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の変換効率18.6%を達成」に関する情報

No1/業界初の商品/サービス/技術を収集・紹介するポータルサイト ACTIITI
都道府県:
市区町村:

全エリアのNo.1/業界初の商品・サービス・技術等の記事の収集・紹介サイト(No1情報限定の記事・ニュースリリースなど)
対象地域:全エリア





チーム・マイナス6%
「チーム・マイナス6%」
活動に参加しています
ログイン 掲載をご希望の方 資料請求 お問い合わせ

実用サイズの多結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の変換効率18.6%を達成

記事掲載確認日:2008年05月14日
No1事項
実用サイズの多結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の変換効率 (18.6%)  (ACTIITI掲載コンセプトを見る)

DATA

※カテゴリデータ

商品・技術・サービスの概要

三菱電機株式会社は、実用的な150mm角サイズの多結晶シリコン太陽電池セルにおいて、世界最高(※1)の光電気変換効率(※2)となる18.6%(※3)を達成。

※1 2008年3月19日現在
※2: 太陽光の光エネルギーを電気エネルギー(直流)に変える効率
※3: 変換効率の公的認証機関である産業技術総合研究所(AIST)における評価結果

■開発の背景と意義
世界的な環境意識の高まりにより、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電システムが注目されるとともに太陽電池の需要が世界的に拡大しています。一方、太陽電池の原料となるシリコンの需給が逼迫しており、太陽電池を構成する太陽電池セルには、より少量のシリコンでより多く発電することが求められ、シリコンウエハーの薄肉化と、変換効率向上の研究が進められています。
 太陽電池セルの高効率化を追求し、今回、受光面の低反射化や、pn接合面への受光量増大、集電用グリッド電極の細線化など独自技術により、実用的な150mm角サイズの多結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の変換効率18.6%を達成しました。これにより、狭小屋根など限られた設置スペースでも、より多くの発電量を確保できます。

■今回開発したセルの特長
1. 次世代の超高効率太陽電池セル実現のための、低反射テクスチャー形成技術を世界で初めて開発
2. pn接合のn層の最適化により受光量を増大
3. 集電用グリッド電極の細線化(従来比約25%減)により、有効発電面積を拡大



記者による体験・コメント

記載なし

調査・引用に関して

調査機関又は引用元:自社調べ
調査又は引用確認日:2008年05月14日
調査に関する備考:
※この記事はACTIITI運営者によって掲載登録されました



No.1業界初情報収集ポータルACTIITI(アクティイチ)
運営会社 | 特定商取引法の表記 | 個人情報保護方針 | 利用規約・運営方針   
(C) 2006-2018 株式会社ネットアクティビティ All Rights Reserved(電気通信事業届出番号:A-18-9146).