「日本初、複数年対応コードサイニング証明書を提供開始」に関する情報

No1/業界初の商品/サービス/技術を収集・紹介するポータルサイト ACTIITI
都道府県:
市区町村:

全エリアのNo.1/業界初の商品・サービス・技術等の記事の収集・紹介サイト(No1情報限定の記事・ニュースリリースなど)
対象地域:全エリア





チーム・マイナス6%
「チーム・マイナス6%」
活動に参加しています
ログイン 掲載をご希望の方 資料請求 お問い合わせ

日本初、複数年対応コードサイニング証明書を提供開始

記事掲載確認日:2008年02月22日
No1事項
日本初の複数年対応コードサイニング証明書の提供   (ACTIITI掲載コンセプトを見る)

DATA



※カテゴリデータ

商品・技術・サービスの概要

コードサイニング証明書とはソフトウェアにデジタル署名を行う電子署名用の証明書のことで、いかなる流通を経た後でも、ソフトウェアが配布元から正規にリリースされ、途中で改ざんされていないことを検証することができます。Windows Vistaの普及やJavaプラットフォームの拡大にともない、コードサイニングのニーズはますます高まっています。グローバルサイン社はこのニーズに(1)「MS Authenticode対応(MS対応バージョン)」(2)「Object signing対応(Java対応バージョン)」(3)「MS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)」と幅広いラインナップでお応えしております。

【複数年対応コードサイニング証明書の提供について】
 これまで、複数年有効のコードサイニング証明書は、日本ではどの認証局も提供しておらず、お客様より「有効期間の長い証明書が欲しい」というご要望を数多くいただいておりました。グローバルサイン社では、お客様のご要望にお応えすべく、この度すべてのラインナップにおいて、日本の認証局では初となる2年および3年有効のコードサイニング証明書を新たに発売することとなりました。

--------------------------------------
◆GlobalSignとは
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開することになりました。
※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。
--------------------------------------
主な実績:(数値は累積発行数)
・10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
・140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブサイト・ICカード向けなどを全て含む)
・合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局(下位認証局からの発行含む)
・政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績
--------------------------------------
主なプロフィール:
・ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
・CABF(CA/Browser Forum)メンバー
 日本ではグローバルサイン(旧日本ジオトラスト)がJCAF(日本電子認証協議会)のメンバーとして参加
・Anti-Phishing Working Groupメンバー
--------------------------------------



記者による体験・コメント

記載なし

調査・引用に関して

調査機関又は引用元:自社調べ
調査又は引用確認日:2008年02月22日
調査に関する備考:
※この記事はACTIITI運営者によって掲載登録されました



No.1業界初情報収集ポータルACTIITI(アクティイチ)
運営会社 | 特定商取引法の表記 | 個人情報保護方針 | 利用規約・運営方針   
(C) 2006-2018 株式会社ネットアクティビティ All Rights Reserved(電気通信事業届出番号:A-18-9146).